食へのこだわり

イタリア人は異常に食にこだわる。
若い人でも、外国の食べ物を好まない人が多く、
イタリア人の中にはイタリア料理は世界一と
思っている人が多い。

確かにそうなのかもしれない。
そうなのかもしれないけど…。

確かに美味しいから、文句はいえないけど、
外国の料理を否定的に言ったり、
外国人にイタリア料理を押し付け気味な言動には、
時々首をかしげることもしばしばだ。
そんな中、お寿司がスーパーの生鮮食品売り場に
並ぶほど有名になったことは、
私は奇跡に近いことだと思っている。

ところで、イタリアにはこんなにも世界的に
有名なスターバックスが存在しない。
色々な理由があるのだろうが、
要するに紙コップでコーヒーが飲めるか!
いったところが問題のようだ。

それ以外にも、エスプレッソコーヒーが
イタリア人にとってのコーヒーなので、
大きなカップになみなみと注がれた
アメリカンコーヒーなど飲めたものではない、と
話す人もいる。実際、

「あの国では、まずいコーヒーを飲んでいる」
「あそこのコーヒーは飲めたものじゃない」
「大きなカップで、飲んでも、飲んでも、全然無くならないよ!」

と文句をいうイタリア人が多く、世界の中では
エスプレッソコーヒーを飲む人のほうが、
まだまだ少数派ということに彼らは気づいていないらしい。
もちろん、最近、とくにミラノでは健康ブームなので、
わざわざアメリカンコーヒーを飲む人もいるが、
まだまだ少数派である。

ちなみに、イタリアでのアメリカンコーヒーというのは、
カフェ・ルンゴとよばれ、直訳すると「長いコーヒー」と
いう名前で、エスプレッソコーヒーと一緒に
お湯を出すバールもある。
どうやら、エスプレッソコーヒーの中にお湯を入れて飲むようだ。

実はイタリアのマクドナルドではコーヒーを頼んでも
紙コップではなく、きちんとしたカップに入って
出されるのだから、やはりイタリア人の食に対する態度は
実に真摯なもので、私たちも見習うべきところが
多いかもしれない。

そんなある日、ついにミラノにスターバックスのような店が
オープンした。「アールド・カフェ」といい、
赤と黒を基調にシンボルマークが描かれている。
とりあえず、ドゥオモ広場の近くと、
ミラノ大学の近くにあるので立ち寄ってみてほしい。

ところで、私たち日本人の中にも、
少なくとも外国に行ったら、日本食が食べたくなったり、
中には何でもいいから少しでも日本食を持って行かないと
不安になったりして、インスタント食品を持っていく人が
いるだろう。

ふと、外国人、いや、ここではイタリア人に重点を
置いて知りたいのだが、彼らも外国でイタリアンを
欲するのだろうか?

ちょうど、夏のバカンスも終わった8月下旬、
イタリア人が次々と住まいに帰ってきたので、
手近なところでイタリア人の友人に接触を試みた。
子供を連れて公園に行き、そこにいるイタリア人ママと
夏休み中の出来事を色々話しながら、
少しずつ探ってみる。すると、ある人が、

「私、フランスに行ったけど、フランスのピザは
モッツァレラチーズを使ってないのかしらね。
モッツァレラチーズを使っていたとしても、
他のチーズとミックスしてるから、美味しいけど、
何かが物足りないよね」

というではないか!そうなのか?そうなのか??
もう少し、耳を傾けていると、
なんと彼女はモッツァレラチーズをフランスへ
持っていったというのだから、
彼女のチーズに対するこだわりは並大抵ではなさそうだ。
そこに、

「そうよね、そうよね」

と会話に割り込んできた図々しいイタリア人女性が現れた。
彼女の話を聞いてみると、

「私はエジプトに行ったけど、リンゴ酢を持っていったわ」

とのことだった。他にもパスタやオリーブオイルを
持参して海外へ出かけた人もいた。
どれも、海外で手に入るようなものだと思うのだが、
彼らの愛用品でないと安心できないのだろう。

また、ふつふつと疑問がわいてくる。
オリーブオイル、リンゴ酢を海外での食事中、
どんな状況で、どんな食事に使うのか?
確かにイタリア人は何にでもオリーブオイルをかける。
海外でも何にでもかけているのだろうか?
それじゃ、何にでも醤油をかける私の母と大差ない。

先日、高校生の子供をもつお母さんと話したのだが、
高校生になると子供は希望者のみ2、3週間ほど海外に
行くことができるのだという。
彼女の娘さんはロンドンに行くことにしたそうだ。
すでに、お義母さんは頭を抱えていた。
イタリア人の中にはイギリスポンドは
ものすごく高いものであることと、
イギリスの物価の高さを気にする人が多い。

「お小遣いはナシだね」

と言っていた。さらに、

「イギリスって、何が食べられるのかしら?」

と聞いてくるので、

「フィッシュ・アンド・チップスなんじゃない?
とにかく揚げ物が多かったような…」

というと、

「そんなんじゃ、娘の食べるものがないじゃない!
ただでさえ、あの子は細いのに、
そんな食生活じゃ、こんなんになっちゃう!!」

といって、彼女は小指を立てていた。
たかが2週間ほどの話じゃないか。
食べ物がないわけでもないし、死ぬわけない。
そう思ったが、できることなら私も小指のように
なりたいものである。

「ああ、どうしてイギリスなんか選んだんだか。
パスタを持たせないと!
そうそう、トマトソースもいるわね。
それから、それから…」

彼女の言葉が冗談でないのか微笑ましいやら、恐ろしいやら。
どうして、イギリスにいってまでトマトソースが必要なんだろう。
彼女は、娘に持たせるために、
自宅で鍋いっぱいにトマトソースを煮込んでいた。
イギリスにだってパスタもトマトソースも
売っていそうなものだ。
しかし、これこそがイタリア人の親心なのかもしれない。

とりあえず、私は分かった。
イタリア人にとっても最も大切な食べ物。
最も大好きな食べ物。それは、
パスタとトマトソースにちがいない!
私の夫も長い日本旅行からイタリアに戻ってくると、
まず食べたい食べ物はスパゲッティだと言っていたから、
私たちが想像する以上に、
パスタはイタリア人にとって命なのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です