ACミラン、誕生!

ロビンフッドの国、イギリス・ノッティンガムから
ハーバート・キルピン氏がイタリアへやってきた。
もちろん、イタリアでサッカーを教えるために!
1899年12月16日、チェントラーレ駅の隣にあった高級ホテル
「ホテル・ドゥ・ノルド・エ・デ・ザングレ」に
選手を集めるため、キルピン氏はミラノにいる
イギリス人やイタリア人をあちこちから呼び寄せた。
そして、この試合のため、
チームのシンボルカラーも決まった。
チームがもつ炎のような

魂の赤「ロッソ(赤)」と、
敵チームがミランに対してもつ恐れ
「ネーロ(黒)」。

(ACミランのマスコットキャラクターも、赤と黒のディアボロ(悪魔)だ!)

チームの名前は、簡単に決まった。
英語でも、ミラノ方言でも同じで呼び方で、
かつシンプルに“ミラン”。
(あぁ、いよいよ誕生だー!)
最初のミラン本拠地は、
ベルシェ通り1番地にあった
「フィアスケッテリア・トスカーナ」で、
ミラノのシンボル“ドゥオモ”の近くだった。

(現在、ここにはミラノを代表するピザ屋“スポンティーニ”がある。)
正真正銘の第1回ダービー戦は、ミランVSメディオラナム。
(もう、サッカーチーム「メディオラナム」は存在しない。)

試合は、ミラノ市とモンツァ市をつなぐ大通りにある
トロッター・ディ・トゥッロ(現在も、存在している。)
で行われた。

ここで、我らの師匠、イギリス人である
キリピン氏がゴーーーーール!!!!
こうして、初めてのダービー戦は

ミランの勝ち!!!!!!!

(これが言いたかったんだ。笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です